切明義孝のおすすめ書店

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族のための よくわかるうつ [単行本]

<<   作成日時 : 2011/08/09 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家族のための よくわかるうつ [単行本]



下山晴彦 (監修), 中嶋義文 (監修)
●内容紹介
うつ病に苦しむ人が増えています。
うつ病は生活にも大きな障害をきたすため、本人のみならず、家族などの身近な人も悩みます。
うつ病は、がんに次ぐ「社会的損失の要因」とすら言われているのです。
うつ病の研究・治療は、実はまだまだ現在進行形です。
次々に新しい薬が開発され、認知行動療法(心理療法の一種)の有効性もわかってきましたが、
それでもまだ原因が特定されたわけではなく、特効薬も出ていません。
ただ、ひとつだけわかっていることがあります。
それは、うつ病からの回復には“協働”作業がとても有効だということです。
詳しくは本文で解説しますが、キーワードは「バイオ・サイコ・ソーシャル」です。
本書では、精神医療の最先端にいる医師と、心理療法の最先端にいる臨床心理士がタッグを組み、うつ病の正しい“理解”と、協働して治療に取り組む“知恵”を提示しています。
(「はじめに」より)

●目次
1章:うつを「理解」しましょう
…「うつ病」とは何でしょうか?/うつは心身のエネルギーが低下した状態/発症から回復までは長い道のり/「心・体・生活」との関わり…etc.
2章:大切なのは「協働」です
…うつ病かどうかを見極める/周囲の「協力体勢」が大切な理由/専門家と「信頼関係」を築く…etc.
3章:家族・友人・同僚として「できること」をしましょう
…身近な人が環境を作る/「新型うつ」への対処法/いたわりつつも、甘やかさない/自殺を未然に防ぐ…etc.
4章「希望」を捨ててはいけません
…うつ病は「完治」するのでしょうか?/回復期の落とし穴/社会復帰をする前に/「再発」への心備えをしておく…etc.

●監修者について
<下山晴彦>
教育学博士。東京大学大学院教育学研究科教授。1957年生まれ。
東京大学教育学部心理学科卒業。臨床心理学を専門とし、東京大学学生相談所臨床心理士、東京工業大学保健管理センター臨床心理士を歴任。
現在は大学で教鞭をとる傍ら、初台関谷神経科クリニックにて臨床心理士をつとめる。
<中嶋義文>
医学博士。三井記念病院精神科部長、東京大学大学院教育学研究科客員教授。1961年生まれ。
東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部付属病院、スウェーデン・カロリンスカ医科大学病院精神科を経て、三井記念病院勤務。
現在は精神科臨床のかたわら、東京大学と上智大学で教鞭をとり、官庁・企業の産業医として多くのうつ病を持つ職員の支援を行っている。



・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000 公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワークについて 原子力緊急事態宣言 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の本棚 切明義孝のプロフィール 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の健康危機管理グッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の食の安全ニュース 切明義孝のメンタルヘルス情報 切明義孝のホームページ 切明義孝のたばこ文書管理保管センター 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 たばこ文書保管管理センター Tobacco Documents Archives 切明義孝のタバコ産業への意見 切明義孝について *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家族のための よくわかるうつ [単行本] 切明義孝のおすすめ書店/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる