4時間半熟睡法

4時間半熟睡法



遠藤 拓郎 (著)
●ハーバード大学も注目! 世界一の「睡眠の専門医」が書いた本!
人生の3分の1を占めるといわれている「睡眠時間」はいったいどこまで削れるのか?
人生や仕事で成功をおさめたい人にとってこのテーマに関する知識は、絶対に欠かせません。
この本は、ハーバード大学も注目する世界一の「睡眠の専門医」がこのテーマに関する「正しい知識とテクニック」を伝えるため一般の人が読めるように、書き下ろしました。
著者・遠藤拓郎氏は、親子三代で80年以上研究を続けている「世界で最も古い睡眠医療施設」の後継者です。

●あなたの「眠りの常識」は間違っている!
ナポレオンやエジソンなど過去の偉人には、睡眠時間を上手にコントロールして思い通りの人生を実現させた人が数多くいます。
そして、彼らの逸話には「1日3時間しか寝なかった」というようなものがあります。
そのせいか、世の中の「眠りの常識」には間違った知識、誤解などが数多くあります。

「深く眠れば1日3時間で十分、それ以上はムダ」
「やはり、1日8時間は眠らないとダメ」

結論からいうとこれらの常識は、すべて間違っています!

●「睡眠時間」はどこまで削れるのか?
実は、このテーマに関しての研究はかなり以前から進められていて、はっきりとした結論が出ています。
■1965年、アメリカ空軍が支援したウェッブ教授の実験の論文
■1993年、睡眠学の権威・ボルベイ教授がおこなった実験の論文
これらの論文を読めば「1日3時間でOK」は間違っていることがすぐに分かります。
ちなみに、なぜアメリカ空軍が「眠り」の実験を支援するのか?
それは、命にかかわる任務を遂行する彼らにとって「睡眠時間を削れるデッドラインはどこなのか?」ということはきわめて重要なテーマだからです。

●「4時間半熟睡法」とは?

「4時間半熟睡法」は欧米の論文、過去の実験データなどをもとに著者の遠藤氏が考え出した「短眠熟睡法」です。
著者の遠藤氏は「睡眠の専門医」として「この方法が睡眠時間を削れるギリギリのラインだ」といいます。
睡眠時間は、やみくもに削ってはいけません。
なぜなら、あなたのパフォーマンスが落ちる可能性があるからです。

■「脳力」を最大限に高めたい人
■「脳」や「体」を完全にリセットさせたい人
■つねに最高のパフォーマンスを発揮したい人
■短い時間で深く眠りたい人
■「何となく睡眠の質が悪い…」と感じている人(「不眠症」など)

「4時間半熟睡法」は、こうした人たちに最適です。

「仕事」「勉強」「試験」などで結果を出したい人(特にビジネスパーソン)はぜひ、実践してみてください!
その効果を実感できるはずです!

●人生が10年長くなる! 自由に使える時間が増えたら、何をしますか?
1日8時間の規則正しい睡眠をとる方法と…


★新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ★



・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック