伝える技術50のヒント (ソフトバンク新書) (新書)

伝える技術50のヒント (ソフトバンク新書) (新書)



山中 秀樹 (著)
内容紹介
◎爆笑問題 推薦!
「山中さん! この本、私、耳が痛いです!」 太田 光
「アナウンサーを目指していた僕が、もし、この本と30年前に出合っていたら、僕の人生は変わっていたかもしれない」 田中裕二


フジテレビを代表するアナウンサーの一人として、報道からバラエティまで幅広く活躍してきた著者。
バラエティで見せる愛嬌たっぷりのキャラクターとは裏腹に、
硬派な“喋りの職人”として後輩アナウンサーに厳しい熱血指導を行ってきた。

そんな著者が、伝える技術の磨き方を説いた全50編の箴言(しんげん)集である本書は、
物事を口で表現することに苦手意識やストレスを感じている人が、
それをどう克服するか、伝える力をつけるための術を具体的に説いている。

小手先のテクニックではなく、物事をわかりやすく伝えるための根本が身につく本書は、
ビジネスシーン、一般生活全般で、折に触れて大きな力となるはずだ。

アナウンサーならば、滑舌よく、よどみなく喋ることが要求されるが、
アナウンサーではない人にとっては、それを習得することがもっとも大切なことではない。
立て板に水のごとく流暢に喋れば印象がいいわけでもなく、むしろ嫌味に受け取られることすらある。

もっとも大切なことは、自分の伝えたいことを確実に相手に伝えること――。

話の途中で言葉がつかえたり、噛んだりしても、
相手に物事を伝えるという言葉本来の役割を全うできるかどうかが鍵となる。

そのために必要なのは、「聞く」「見る」「読む」――どれも情報を入力(インプット)するということだ。
物事がしっかりと自分の中に蓄積されなければ、出力(アウトプット)もままならない。
つまり、伝える力、アウトプットする力を上達させるためには、
それとは逆に、物事をインプットすることが、まずは大切になる。

これまでのアナウンサー人生で著者が培ってきたノウハウをインプットしてもらえるよう、余すところなく公開している。


【こんな人は必見】
◎プレゼンテーションをする機会の多いビジネスパーソン
◎しゃべりが苦手な人、もっと話し方を上達させたと思っている人
◎日ごろのコミュニケーションに少なからずの悩みをもっている人
◎わかりやすく話したいと思っている人
◎就職活動をする学生
――など。


★新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ★



・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ギャクえんじょで40枚いただきまんもす!!

    Excerpt: 人通りのある駅前に車停めておもっきりクン○ニリングス(笑) あせってワイパーとか液とか出たけど満足してくれて40枚おれいにもらったし(爆笑) Weblog: たまきんひろし racked: 2009-08-23 16:48