マネーIQで儲けなさい!ー私はFXで脳を鍛えて稼いだ!- (単行本(ソフトカバー))

マネーIQで儲けなさい!ー私はFXで脳を鍛えて稼いだ!- (単行本(ソフトカバー))



山本 有花 (著)
内容紹介
FXで儲け続けられない人の原因は、マネーIQが低いからです マネーIQとは、お金に関する知識とそれに伴う判断と行動する能力のことです。 実はこれ、私が勝手にそう呼んでいる造語です。 マネーIQが低い人でも、偶然にFXで利益を得ることはできると思います。 でも、FXで毎月利益を出し続けている人はマネーIQが高い人だと思います。 FXはこれまで、自分の持っている資金の何十倍、何百倍の取引ができるのが、魅力でした。 しかし今後はそれができなくなります。 FXは新時代に突入したのです。 本書はその新時代に対応した手法を述べています。 マネーIQを高める=マネー脳を鍛えるということです マネー脳? 聞いたことないなあ……。 やっぱりそう思うでしょうね。これも私が勝手に呼んでいるだけなんです。 マネー脳は、マネーIQを高めていく時に活性化したり、鍛えられたりする脳の部分です。後述しますが、脳にはさまざまな部位があります。そのどこか一か所がマネー脳だということではなく、さまざまな脳の部位がマネーIQを高めるために使われると、たとえば、FXならば、FXで勝ち続けよう→勝ち続けることができた、というような結果を生むのです。 あなたの・FXで勝てる!・という気持ちが根拠のない自信なら、いったん考えなおして、マネーIQを高めながらFX取引を行って、FXで勝ち続ける投資家になってほしいと思っています。 偶然ではなく、マネー脳を鍛えて、一歩一歩堅実にFXで勝ち続けてほしいと思っています。 今、私たち、マネー戦争の真っただ中にいます! 『戦争』とは、軍事的な観点からみると、実質的な戦闘行為が実行されている状態を示すことです。日本において、金融関係で、戦闘行為が実行されているところを私は見たことがありません。 しかし、戦闘行為とまでいかないにしろ、私たちは、お金のために苦労をすることになり、お金のために人を裏切り、人と争うことを強いられる生活がそこまでやってきている気配がしませんか? 現在の『金融システム』が、私たちに必ずしも味方してくれるとは限らないからです。味方じゃないなら敵でしょう。だから、マネー戦争という言葉を使いました。 もし、金融システムが私たちに味方してくれているのなら、貯金なし! 資格なし! 職なし! という人がこんなに世の中にあふれているのは、おかしいと思うのです。 このマネー戦争を生き延びるための一つの方法として、FX取引をしながら堅実に資産を増やしていけたらという思いを込めて本書をまとめてみました。

★新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ★



・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆
公衆衛生ネットワーク 公衆衛生ネットワーク危機管理Goods 公衆衛生ネットワークBooks 切明義孝の公衆衛生情報 切明義孝の健康日記 切明義孝ブログ 切明義孝の新型インフルエンザ関連情報 切明義孝の新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ 切明義孝の新型インフルエンザ事業継続計画BCPグッズ 切明義孝のおすすめ書店 切明義孝の本棚 切明義孝の万福ダイエット 切明義孝の禁煙情報 切明義孝の健康寿命の計算 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Network in Japan ,Since 2000
*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック