医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト [新書]

医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト [新書]



著者、
『ワイド! スクランブル』(テレビ朝日)に
出演で、大反響!

全国の読者から、
お便りが殺到しています。


明日死ぬとしたら、
あなたは人生を後悔しない自信が
ありますか?

著者は医師として、
これまでたくさんの死に直面してきました。
そんななかで、多くの人が死ぬときに
「もっとこうしておけばよかった」
「なんでやっておかなかったんだろう」
といった後悔を口にするというのです。

人はいつ死ぬかわかりません。
もしかしたら明日、
いや
今日死んでしまうかもしれないのです。

そのときに後悔をしてももう手遅れです。
だからこそ、生きているいま、
やるべきことをやらないといけない。

この本では、
人が死ぬときに後悔することを
34のリストにして紹介しています。

リスト1 「なぜ生きたいのか」を真剣に考えてこなかった
リスト5 生きているうちに「ごめんなさい」と言えなかった
リスト10 人に言えない悩みを引きずってしまった
リスト13 病気のせいで夢をあきらめてしまった
リスト15 途中で病院を替えることを躊躇してしまった
リスト16 セカンドオピニオンを聞かなかった
リスト18 健康診断で病気にされた
リスト21 延命治療を受けてしまった
リスト23 家族に無理やり入院させられてしまった
リスト31 「愛している」と言えなかった
リスト33 エンディングノートをつけておかなかった

などなど。

読んだ方からは
「やりたいことをいますぐやろうと強く思った」
「大切な人に、ちゃんと言葉で思いを伝えようと思う」
「ひとつひとつ、すごく考えさせられた」
「親にお礼を言いたくなった」
など、反響が届いています。

読めば、
いま自分がやることが見える。
生き方が変わる。

この本は、
人生を満足して生きるための指南書です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック