何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55 (高校学参) [単行本]

何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55 (高校学参) [単行本]



鈴木 鋭智 (著)
『日本語だから、勉強したって偏差値は上がらない』『現代文はセンスだから勉強しても意味がない』本書は、現代文の勉強の仕方を知らずに、何となく読んで何となく答えている受験生の「常識」を覆します!

"何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55 (高校学参) [単行本]" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント