テーマ:原発と放射能

原発ホワイトアウト [単行本]

原発ホワイトアウト [単行本] 若杉冽/著 キャリア官僚による、リアル告発ノベル! 『三本の矢』を超える問題作、現る!! 再稼働が着々と進む原発……しかし日本の原発には、国民が知らされていない致命的な欠陥があった! この事実を知らせようと動き始めた著者に迫り来る、尾行、嫌がらせ、脅迫……包囲網をかいくぐって国民に原発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇 [単行本]

原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇 [単行本] 今西憲之+週刊朝日編集部 (著) 住民工作、思想調査、マスコミ・政界対策、選挙……。 原発推進のために「原子力ムラ」が水面下で繰り広げてきた暗黒の活動の数々を、 謎の死を遂げた旧動燃幹部が遺していた門外不出の機密資料で詳細にあぶりだす。 週刊朝日大反響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線防護食レッスン-被ばくから身を守るための知恵67- [単行本(ソフトカバー)]

放射線防護食レッスン-被ばくから身を守るための知恵67- [単行本(ソフトカバー)] 秋山幸子 (著), 粥川準二 (著), 古賀晶子 (著), 斉藤勝司 (著), 高田史子 (著), 香川靖雄 (監修) 放射能被ばくに対するただし知識を伝えるのと同時に、大きな関心事となっている「食」に焦点をあてて編集。不安を解消する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害: 科学的データは何を示している [単行本]

チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害: 科学的データは何を示している [単行本] IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部 (著), 松崎 道幸 (翻訳) 25年間の科学的研究から浮かび上がる、放射能による健康被害の多様さと深刻さ。チェルノブイリ原発事故による健康影響を検討した240余の研究を評価。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION) [単行本] 武田 邦彦 (著) 1日20万アクセスを超える放射能ブログの著者・武田邦彦による、子どもの放射能汚染を減らす方法ガイドの第2弾。詳細な放射能汚染日本 MAP、海の汚染MAP、2011年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴー宣道場 原発はヤバい、核兵器は安全 (ゴー宣道場選書) [新書]

ゴー宣道場 原発はヤバい、核兵器は安全 (ゴー宣道場選書) [新書] 小林よしのり (著) 3.11から一年、発狂した政治とマスメディアを撃つ! 「国防論」から「国体論」へ、国を想うがゆえの、タブーなき思考と対話。 小学生にもわかる「新しい言論空間」の誕生! ゴー宣道場の議論をテーマ別に「いいとこどり」で再構成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内部被曝 (岩波ブックレット) [単行本(ソフトカバー)]

内部被曝 (岩波ブックレット) [単行本(ソフトカバー)] 矢ヶ 克馬 (著), 守田 敏也 (著) 3・11以降、放射能の人への影響として、内部被曝を考えることが重要視されている。この内部被曝とは何か、またなぜ起こるのか。さらに内部被曝は、その影響の度合いについて様々な見解があるのはなぜか。いまの状況にいたるまでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染が未来世代に及ぼすもの: 「科学」を問い、脱原発の思想を紡ぐ [単行本(ソフトカバー)]

放射能汚染が未来世代に及ぼすもの: 「科学」を問い、脱原発の思想を紡ぐ [単行本(ソフトカバー)] 綿貫 礼子 (編集), 吉田由布子 二神淑子 リュドミラ・サァキャン (編集) 2011年3月11日の東日本大震災と共に発生した福島第一原発の事故は、チェルノブイリ原発事故の影響調査にかかわってきた私たちにとって、衝撃以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能と原発のこれから――武田先生、どうしたらいいの? [単行本]

放射能と原発のこれから――武田先生、どうしたらいいの? [単行本] 武田 邦彦 (著) 自分の身を守るには、真実と向き合うこと。被ばくと汚染の不安に中高生目線でやさしく答える、武田教授の「白熱教室」。大人たちの事情、若者たちの疑問、答えは全てここにある。女子高生100人のアンケート公開。 ・・☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発閉鎖が子どもを救う [単行本(ソフトカバー)]

原発閉鎖が子どもを救う [単行本(ソフトカバー)] ジョセフ・ジェームズ・マンガーノ (著), 戸田清 (翻訳), 竹野内真理 (翻訳) 低線量放射線が子どもたちにガンを引き起こす。子どもは成人に比べて3倍から10倍ほど放射線に敏感で、胎児はさらに敏感である。ストロンチウム90と小児ガンの関係を統計的に明らかにした、衝撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」 (朝日新書) [新書]

震災と原発 国家の過ち 文学で読み解く「3・11」 (朝日新書) [新書] 外岡秀俊 (著) 大震災と原発事故で苦しむ東北に、再び光は差すのか? 著者が被災地で実感した、国家の様相と内外の文学作品との共通項とは? カミュ、カフカ、スタインベック、井伏鱒二らを介して、「国家の過ち」を考察する。名文家で知られる朝日新聞・元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書) [新書]

第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書) [新書] 広瀬 隆 (著) 列島が地震活動期に入った今、第2のフクシマがいつ起きてもおかしくない。「反原発」の、あの広瀬氏が日本を滅亡させないために緊急提言。六ケ所再処理工場の即時閉鎖、全原発廃炉断行、汚染食品の流通阻止……。渾身の書き下ろし。 ・・☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 ―真相と展望 (集英社新書) [新書]

福島第一原発 ―真相と展望 (集英社新書) [新書] アーニー・ガンダーセン (著), 岡崎 玲子 (翻訳) 福島第一原発事故の直後にCNNでレベル7を指摘したガンダーセンは、スリーマイル島原発事故も含め、原発トラブルについての豊富な経験を持つ。<br>福島をめぐっても、情報が錯綜する中で的確な分析と警告を公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「身近な科学」50のウソ (PHP文庫) [文庫]

「身近な科学」50のウソ (PHP文庫) [文庫] 武田 邦彦 (著) あれほど安全といわれていた原発がなぜ崩壊したのか? 放射能が漏れても「ただちに影響がない」とはどのような意味だったのか? この国の政治家、学者、マスコミにだまされてはいけない! 彼らの嘘と無知の実態を知れば、世の中の見方が変わるはず。本書では、原発問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知りたくないけれど、知っておかねばならない 原発の真実 [単行本]

知りたくないけれど、知っておかねばならない 原発の真実 [単行本] 小出 裕章 (著) 放射能被曝に「安全な基準値」などなく、原発から出るゴミは100万年消えない! 良心の学者が訴え続けた恐るべき真実とは? ベストセラー『原発のウソ』で世論に衝撃を与えた著者の最新提言!! 3・11から、世界は変わった。もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染食品、これが専門家8人の食べ方、選び方 [単行本(ソフトカバー)]

放射能汚染食品、これが専門家8人の食べ方、選び方 [単行本(ソフトカバー)] 野口邦和 (著), 伊東伸彦 (著), 石丸 隆 (著), 白石久二雄 (著), 三好弘一 (著), 菅谷 昭 (著), 山口英昌 (著), 河岸宏和 (著) 肉は? 魚は? 米は? 野菜は? 水は? 給食は? 外食は? 各分野のスペシャリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由 [単行本(ソフトカバー)]

子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由 [単行本(ソフトカバー)] 小出 裕章 (著) 原発全廃を願う私が考えるこれらの理由より、 もっと大事なことがあるのなら、 それを示してもらいたい! 反原発40年、 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章最新刊! 著者初となる全編オールカラー! 豊富な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年放射能クライシス [単行本]

2015年放射能クライシス [単行本] 武田 邦彦 (著) 4年後に起こるニッポンの危機とは何か? おびただしい量の放射性物質が拡散してしまった日本。かつては「原発推進派」で日本原子力学会平和利用特賞まで受賞した科学者である著者が、2015年が日本の節目であると分析する。チェルノブイリ事故による小児がん患者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族を守る!! 放射性物質を除く食事 (ローレンスムック) [ムック]

家族を守る!! 放射性物質を除く食事 (ローレンスムック) [ムック] 伊藤 伸彦 (監修) 放射能物質の恐怖を安心に変える正しい知識と食事を提供。 【本書の特徴】 ・判型が大きく、写真やイラスト入りなので見やすい作り ・図解で誰もが理解しやすい構成 ・食材だけではなく調理法の工夫まで紹介 ・放射性物質のイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国原発危険地帯マップ [単行本(ソフトカバー)]

全国原発危険地帯マップ [単行本(ソフトカバー)] 武田 邦彦 (著) もし事故が発生したら…… あなたの住む地域の危険度を地図で示す! 原発の本当の危険性は、 立地場所付近の風向きデータから、はっきりと見えてくる。 今回の福島第一原発の事故も、多大な被害をもたらしたが、 実は放出された放射性物質の8割以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被爆者医療から見た原発事故―被爆者2000人を診療した医師の警鐘 [単行本]

被爆者医療から見た原発事故―被爆者2000人を診療した医師の警鐘 [単行本] 郷地 秀夫 (著) 医師から見た原発事故の脅威。子どもたちのために、次の世代のために、私たちは被爆者から学び、何を引き継いでいかなければならないのか。30数年、被爆者の診療に携わってきた著者が警鐘を鳴らす。 ・・☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発と陰謀──自分の頭で考えることこそ最高の危機管理 [単行本]

原発と陰謀──自分の頭で考えることこそ最高の危機管理 [単行本] 池田 整治 私たちはマインドコントロールに嵌められた「第2のフクシマ」は全国にまだたくさんある。電源喪失による原子炉溶融を3月に指摘した元陸将補が語る、原発の構造的欠陥とテロの恐怖。「原発」危機の真実! ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集) [単行本]

自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集) [単行本] ウラジーミル・バベンコ, ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所, 今中 哲二, 辰巳 雅子 今日からできる! キッチンでできる!チェルノブイリからのアドバイス 2003年ベラルーシにて、この本の原書は、放射能の中を生きるベラルーシ人のために、ベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線被ばく CT検査でがんになる [単行本]

放射線被ばく CT検査でがんになる [単行本] 近藤 誠 「原発問題」と「医療被ばく」は、根底でつながっている! 放射線は、原発から漏れば危険で、医療用なら安全というわけではなく、被ばく線量が同じなら、健康影響の種類と程度は同じです。 「国民総被ばく」の実態が白日の下に。 ●日本には、世界の約3分の1のCT装置があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発・放射能 子どもが危ない (文春新書) [新書]

原発・放射能 子どもが危ない (文春新書) [新書] 小出 裕章・黒部 信一 放射能から子どもを守るために今、絶対に知っておくべきこと── 四十年間原発に反対し続けてきた反骨の学者とチェルノブイリを支援するベテラン小児科医による決定版 放射能に最も弱いのは、細胞分裂の活発な子どもたちです。 低線量の放射能は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内部被曝の真実 (幻冬舎新書) [新書]

内部被曝の真実 (幻冬舎新書) [新書] 児玉龍彦 (著) 「私は国に満身の怒りを表明します」   「7万人が自宅を離れてさまよっているときに、国会は一体、何をやっているのですか!」 福島原発事故では、広島原爆20個分以上の放射性物質が放出された。国が「測定と除染」に今すぐ全力を挙げなければ、子どもと妊婦を守れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルポ 原発難民 [単行本]

ルポ 原発難民 [単行本] 粟野 仁雄 (著) 「原発」と「津波」が故郷を奪った―。政府よ、東電よ、東北の人びとの叫びをきけ!阪神・淡路大震災以来、災害取材を重ねてきたジャーナリストが、寝袋とリュックを背負って東日本大震災の被災地を歩いた渾身のルポ。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more