テーマ:事件

失われた空飛ぶ円盤「ナチスUFO」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス) [単行本]

失われた空飛ぶ円盤「ナチスUFO」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス) [単行本] 飛鳥 昭雄 (著), 三神 たける (著) 第2次世界大戦中、ナチス・ドイツは空飛ぶ円盤の開発に成功していた。イギリスで起こったUFO着陸事件とコンタクティとして有名なジョージ・アダムスキーが見たUFOの裏に隠された恐るべき陰謀と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェットパイロットが体験した超科学現象 [単行本]

ジェットパイロットが体験した超科学現象 [単行本] 佐藤守 (著) 自衛隊内で、今も語り継がれている超科学現象。 元空将が経験した「英霊の声」 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネットワーク Public Health Netwo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内部被曝の真実 (幻冬舎新書) [新書]

内部被曝の真実 (幻冬舎新書) [新書] 児玉龍彦 (著) 「私は国に満身の怒りを表明します」   「7万人が自宅を離れてさまよっているときに、国会は一体、何をやっているのですか!」 福島原発事故では、広島原爆20個分以上の放射性物質が放出された。国が「測定と除染」に今すぐ全力を挙げなければ、子どもと妊婦を守れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルポ 原発難民 [単行本]

ルポ 原発難民 [単行本] 粟野 仁雄 (著) 「原発」と「津波」が故郷を奪った―。政府よ、東電よ、東北の人びとの叫びをきけ!阪神・淡路大震災以来、災害取材を重ねてきたジャーナリストが、寝袋とリュックを背負って東日本大震災の被災地を歩いた渾身のルポ。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染 ほんとうの影響を考える: フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか (DOJIN選書)

放射能汚染 ほんとうの影響を考える: フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか (DOJIN選書) [単行本] 浦島 充佳 (著) 小児科医による 原発事故への処方箋 福島第一原発事故による放射能漏れは、 人びとにどのような影響を及ぼすのか。 チェルノブイリ原発事故から25年、 この間に発表された報告書や …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために [単行本]

人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために [単行本] ラルフ・グロイブ (著), アーネスト・スターングラス (著), 肥田 舜太郎 (翻訳), 竹野内真理 (翻訳) 今、福島原発事故の放射能汚染の深刻さを見定めるために。本書では、ノーベル賞に匹敵するといわれる「ペトカウ効果」をつぶさに紹介、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION)

武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION) [単行本(ソフトカバー)] 武田 邦彦 (著) 子どもの安全を第一に考えた具体的な放射能対策をブログで毎日発言。 データに基づくわかりやすい解説と 歯に衣着せぬ語り口が熱い支持を受け1日50万アクセスを超える。 日本中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津波と原発 [単行本]

大津波と原発 [単行本] 内田樹/著 中沢新一/著 平川克美/著 3.11から約3週間後、文明史的観点から震災と原発事故を論じた鼎談を緊急出版。原発専門家はリスクの全貌を知っていたのか。そもそも原発とは「一神教的」文化の産物ではないのか。原発推進に一役買った「エコ」ブームの破綻と、それに代わる知の枠組み、政治的ムーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犯罪者プロファイリングは犯人をどう追いつめるか (KAWADE夢新書) [新書]

犯罪者プロファイリングは犯人をどう追いつめるか (KAWADE夢新書) [新書] 桐生 正幸 (著) 人はなぜ犯罪を犯すのか、次の犯行はどうなるのか…。犯罪者の心理を分析し、実際の捜査に携わった著者が、「犯罪者プロファイリングとは何か」を興味深く解説。犯罪を起こす人間の心の闇にせまる1冊。 ・・☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こういうこと。-終わらない福島原発事故 [単行本(ソフトカバー)]

こういうこと。-終わらない福島原発事故 [単行本(ソフトカバー)] 広瀬 隆 (著), たんぽぽ舎 (著) 2011年3月11日、東日本大震災発生、そして福島原発崩壊。原発の危険性を指摘し続けてきた広瀬隆の講演会での記録に加え、放射能測定に基づく報告「食卓にしのびよる放射能」も収録。 ・・☆*☆*☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の闇を暴く (集英社新書) [新書]

原発の闇を暴く (集英社新書) [新書] 広瀬 隆 (著), 明石 昇二郎 (著) 東日本大震災によって引き起こされた福島第一原発事故。これは断じて、想定外の天災ではない。明らかな「人災」である。チェルノブイリ事故直後に『危険な話』を刊行した広瀬隆。10年前に浜岡原発事故のシミュレーションを連載し、著書『原発崩壊』で今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギーと原発のウソをすべて話そう [単行本]

エネルギーと原発のウソをすべて話そう [単行本] 武田邦彦 (著) 武田先生、本当のことを教えて! 原発は止めるべきか。電力は足りるのか。ギモンに答えるエネルギー原論。 以下、すべてウソです! 電気が足りないから原発?浜岡原発だけが危ない?高レベル放射性廃棄物は危険?福島原発は石棺に?パチンコはムダづかい?火力発電で温暖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能と生きる (幻冬舎新書) [新書]

放射能と生きる (幻冬舎新書) [新書] 武田邦彦 (著) 国が基準値を引き上げた今、 覚悟は、できているか! 国内史上、かつてない量の放射性物質で汚染された日本。残留する放射能と今後どう付き合えばいいか? 空気や水、食物の注意点は? 話題のブログを補足、再整理した超実践・自衛マニュアル。 今回の福島原発事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発のウソ (扶桑社新書) [新書]

原発のウソ (扶桑社新書) [新書] 小出 裕章 (著) 危険性を訴え続けて40年 “不屈の研究者”が警告する原発の恐怖 “安全な被曝量”は存在しない! 原発を止めても電力は足りる! いま最も信頼されている原子力研究者の、3.11事故後初の著書 著者の小出裕章氏は、かつて原子力に夢を持って研究者となること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象の背中で焚火をすれば [単行本(ソフトカバー)]

象の背中で焚火をすれば [単行本(ソフトカバー)] 広瀬 隆 (著) 原発事故は予見されていた!日本列島は、巨大なプレートの境界部にできた島国である。そんなところで原子炉に火を灯すのは、まさに象の背中で焚火をするようなものなのだ。『地球の落とし穴』『パンドラの箱の悪魔』より、原発と社会を考えるための4つの短編。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原発震災が大都市を襲う 次は首都圏か!? [単行本(ソフトカバー)]

原発震災が大都市を襲う 次は首都圏か!? [単行本(ソフトカバー)] 船瀬俊介 (著) 地震が原因で起こったチェルノブイリ、柏崎原発の事故を検証し、原発と地震の恐怖に警鐘を鳴らした同名著書(地湧社刊2007/09)の緊急改訂新装版。今回の東北関東大震災と福島原発大事故を受けて、改めて原発と地震の危険性、放射能汚染の恐怖と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故 残留汚染の危険性 [単行本]

原発事故 残留汚染の危険性 [単行本] 武田 邦彦 (著) 福島原子力発電所で大変な事故が起きた。そもそもなぜ起きたのか、安全ではなかったのか。右往左往しているように見える現場では何が起きているのか。本当に大丈夫なのか。これからどう対処していけばいいのか。ブログにアクセス集中の専門家・武田邦彦氏が、緊急出版する原発事故の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新版 自然災害ハンドブック [単行本(ソフトカバー)]

新版 自然災害ハンドブック [単行本(ソフトカバー)] アシトチエプレス (著) 突然の大地震、襲い来る津波、予期できない火山噴火、そして毎年繰り返される台風災害。 突然の自然災害から身を守るためにはどうすればいいのか? パニックにならないためには? 2004年に刊行された『自然災害ハンドブック』に、近年の自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書) [単行本]

新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書) [単行本] 桜井 淳 (著) 福島の危険性は、本書が指摘していた! 1995年刊行の旧版に、2011年の福島原発事故に関する詳細な考察を加え、新版として緊急出版する。過去の事故を総ざらいして、原発の危険性と問題点を明確に指摘する。 ・・☆*☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改訂版 これから起こる原発事故~原発問題の専門家から警告 (別冊宝島) (別冊宝島1469)

改訂版 これから起こる原発事故~原発問題の専門家から警告 (別冊宝島) (別冊宝島1469) [大型本] 日本の原発は阪神大震災クラスの地震に耐えられない! シミュレーションが明らかにする原発事故の恐怖 ─東海二号炉で大事故が起こると、東京都民の半数がガン死に! ─浜岡原発崩壊で、30万人が急性障害死、なんと二千五百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 [単行本]

原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 [単行本] 新潟日報社 特別取材班 (著) 二〇〇七年七月十六日、中越沖地震によって東京電力柏崎刈羽原発で動いていた原子炉がすべて止まった。設計時の想定を大幅に上回る激しい揺れに襲われ、広範囲な被害やトラブルが続発。「安全神話」が大きく揺らいだ。世界最大の原発集積地で起きた非常事態は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない [単行本]

動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない [単行本] 小林 圭二 (著), 原子力資料情報室 (編集) 「もんじゅ」再開に先立ち、原子力資料情報室が開催した公開研究会での2回の講演録をまとめた。「もんじゅ」への関心と同時に、日本の高速増殖炉開発やこれをめぐる政策への関心を高める一助となる書。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破綻したプルトニウム利用―政策転換への提言 [単行本]

破綻したプルトニウム利用―政策転換への提言 [単行本] 原子力資料情報室/編著 原水禁/編著 内容: 核燃料サイクルとはなにか / 伴英幸著 動けない六ケ所再処理工場 / 澤井正子著 高速増殖炉に未来なし / 伴英幸著 プルサーマルがもたらす無用の危険 / 上澤千尋著 誰もが損する核燃料サイクル / 西尾漠著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大地震が原発を襲う―チェルノブイリ事故も地震で起こった [単行本]

巨大地震が原発を襲う―チェルノブイリ事故も地震で起こった [単行本] 船瀬俊介/著 もし、大量放射能汚染が起きてしまったら…。チェルノブイリ事故から柏崎刈羽原発事故まで、地震と原発の詳細情報を網羅。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゴミは「負の遺産」―最終処分場のゆくえ〈3〉 (最終処分場のゆくえ (3)) [単行本]

原発ゴミは「負の遺産」―最終処分場のゆくえ〈3〉 (最終処分場のゆくえ (3)) [単行本] 西尾 漠 (著), 末田 一秀 (著) 内容: 封じ込めできない放射能 / 末田一秀著 最終処分場を誘致しようとした自治体 / 末田一秀著 長崎県の高レベル誘致計画と現状 / 坂本浩著 研究所が最終処分場への懸念広がる /…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞き書き ダライ・ラマの真実 (生活人新書) (単行本)

聞き書き ダライ・ラマの真実 (生活人新書) (単行本) 松本 榮一 (著) 出口の見えない紛争の時代。その渦中で、ガンディーの非暴力主義を受け継ぐダライ・ラマ14世はメッセージを出し続けてきた。人間の幸福と世界平和への熱い思い。40年にわたる交流のなかで、著者が折々に受け止めた言葉と、レンズを通して見た素顔から、ダライ・ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

38℃ 北京SARS医療チーム「生と死」の100日

38℃ 北京SARS医療チーム「生と死」の100日 麻生 幾 (著) SARSが爆発的に広まった2003年春、北京の救急施設では壮絶な医療オペレーションが展開され、市民を恐怖に陥れた。医師・看護師らの証言から再現したパニック・ドラマ。日本人よ、教訓とせよ! ★新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズはこちらへ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の血

中国の血 ピエール・アスキ(著)山本 知子 (翻訳) 万博、オリンピック、宇宙開発に沸く発展の陰で、貧困と病苦にあえぎながら無視され、蔑まれる農民たち…。中国当局に売血をすすめられ、エイズに感染した農民の大惨事を描く、中国の暗部をえぐる衝撃のレポート。 ★新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズはこちらへ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more