テーマ:経済

アベノミクスが引き金になる 日本国債 暴落のシナリオ [単行本]

アベノミクスが引き金になる 日本国債 暴落のシナリオ [単行本] 石角完爾/著 田代秀敏/著 迫る危機を先読みし、自身の資産と生活を守れ。「アベノミクス」のどこがヤバいのか、リフレ政策を実行することで日本国債はどうなるのかなど、その実態を明らかにするとともに、これからの生活の守り方を指南する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年 大転換する世界 逆襲する日本 [単行本]

2013年 大転換する世界 逆襲する日本 [単行本] 三橋貴明/著 アメリカ「財政の崖」、中国・韓国の「反日不況」、欧州の連鎖恐慌。自滅していく世界経済。日本は最後に勝者となる。2012年の世界的な経済・政治・国際情勢を分析、今後の世界経済や日本の進む方向を予見する。 ・・☆*☆*☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年 世界最強の国日本を買え! ~デフレに沈む世界、一人勝ちする日本

2013年 世界最強の国日本を買え! ~デフレに沈む世界、一人勝ちする日本~ [単行本(ソフトカバー)] 菅下清廣 (著) ユーロもアメリカも中国も、これからデフレの地獄に堕ちる。本書では、世界的なデブレのなかで、チャンスはじつは日本にあるということを中心に、世界のお金がこれからどう動いていくのかを探る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカが暴発する! 大恐慌か超インフレだ [単行本(ソフトカバー)]

アメリカが暴発する! 大恐慌か超インフレだ [単行本(ソフトカバー)] ピーター・シフ (著), 朝倉慶 (監修), 渡辺博文 (翻訳) 人びとは何もかも上手くいっていると考えるかもしれない。株式相場は上昇し、雇用は増え続け、最悪の時期は終わった、と。でも、それは間違いだ。ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ日本経済は世界最強と言われるのか [単行本(ソフトカバー)]

なぜ日本経済は世界最強と言われるのか [単行本(ソフトカバー)] ぐっちーさん (著) 本当はすごい日本経済! 世界中が「ここ10年の勝者は日本」と断言する理由 日本人だけが知らない、日本経済の底力と魅力 ブログやメールマガジンで支持を集め、『AERA』、『SPA! 』での連載も好評の 投資銀行家・ぐっちーさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本既成権力者の崩壊 [単行本]

日本既成権力者の崩壊 [単行本] 日下公人 (著) 著者初の試みである自伝的要素をふんだんに入れ、日本の今と未来を鋭く切り込んでいく。著者は言う。「2012年は大変化と大動乱の時代になると思う。誰にとっての変化かと言えば、それは今までの中変化、小変化の波を乗り切って地位を築き、資産や名声を得た人たちで、エスタブリッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国が世界経済を破綻させる [単行本]

中国が世界経済を破綻させる [単行本] 宮崎 正弘 (著) 米ドル基軸による世界銀行、IMF体制が揺らいでいる。いや、中国が揺らしている。日本が感知しない舞台裏で、何が起きているのか。希代の中国ウォッチャーが、“世界経済”の今を読み解く。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界は深淵をのぞきこみ、日本は屹立する [単行本]

世界は深淵をのぞきこみ、日本は屹立する [単行本] 増田 悦佐 (著) ヨーロッパも、アメリカも、中国も、総崩れだ。 グローバル化万歳論は 大いなるまやかしだった。 欧州危機に端を発する国際金融の混乱は、まったく収束のメドは立っていない。 ヨーロッパも、アメリカも、中国も総崩れで、グローバル化万歳論はおおいなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍び寄る最悪危機 いますぐ アメリカ発の金融大崩壊に備えよ [単行本(ソフトカバー)]

忍び寄る最悪危機 いますぐ アメリカ発の金融大崩壊に備えよ [単行本(ソフトカバー)] デビッド・ウィドマー (著), ロバート・A・ウィドマー (著), シンディ・スピッツァー (著), 峯村利哉 (翻訳) リーマンショックを的中させ、多くの投資家を救った気鋭のアナリストが、今、起こっていることを分析、最終震源地となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融ワンワールド 地球経済の管理者たち [単行本]

金融ワンワールド 地球経済の管理者たち [単行本] 落合 莞爾 (著) 日本と世界の金融経済の裏のウラを熟知した男、15年ぶりの書き下ろし! 地球経済を統べる者たちは実在する・・・・ ロンドンの金融界にビッグバンが生じた経緯を見れば、世界の金融カジノに隠れオーナーが存在していることが容易に察せられる。それは通貨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッシンジャー回想録 中国(下) [単行本]

キッシンジャー回想録 中国(下) [単行本] ヘンリー・A.キッシンジャー (著), 塚越 敏彦 (翻訳), 松下 文男 (翻訳), 横山 司 (翻訳), 岩瀬 彰 (翻訳), 中川 潔 (翻訳) 歴史や伝統文化、著者自らの外交経験も踏まえて描く、全世界注目の中国論。本巻では、中越戦争、台湾問題、天安門事件、中国のWT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通貨がすべて紙キレになる日 [単行本]

通貨がすべて紙キレになる日 [単行本] 浅井 隆 (著) 今、世界中でお金の価値が低下している。しかも、近い将来日本国自体が破産する可能性が高まっており、その場合、日本円は“紙キレ”と化す。このような時代を生き残るためにはどうしたら良いのか。その答えを示す。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ・新聞が絶対言わない! 日本経済の大問題 [単行本(ソフトカバー)]

テレビ・新聞が絶対言わない! 日本経済の大問題 [単行本(ソフトカバー)] 須田 慎一郎 (著) マスコミが報道しない、あるいはそれだけでは見えてこない「事実」を解き明かした上で、日本経済を取り巻く問題解決につながる処方箋を提示。ジャーナリスト・須田慎一郎が独自取材で明かす、真実の姿。 ・・☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカで野蛮なアメリカ経済 (扶桑社新書) [新書]

バカで野蛮なアメリカ経済 (扶桑社新書) [新書] 藤井厳喜/著 ドル安、ワンワールド主義、フェイスブック…。日本は“野蛮な経済”に、どこまで付き合うべきなのか。基軸通貨ドルの近未来と、それと不可分に進行してきたワンワールド主義の行く末について的確な知見を提供する。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソロスの警告 ユーロが世界経済を破壊する [単行本]

ソロスの警告 ユーロが世界経済を破壊する [単行本] ジョージ・ソロス (著), 藤井清美 (翻訳) ユーロ崩壊と金融メルトダウンは目前に迫り、未曾有の経済危機はすでに始まっている…。ソロスが読み解くユーロ危機と、最終震源地アメリカ経済の行方。大崩壊を回避するための唯一のプランを示す、緊急提言。 ・・☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている! [単行本]

タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている! [単行本] ニコラス・シャクソン (著), 藤井清美 (翻訳) 世界中で行われている金融取引の半分はケイマン島やバージン島などのタックスヘイブン(租税回避地)を経由している。世界三大バナナ会社からマードック率いるニューズコーポレーションまで、タックスヘイブンを利用しない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会起業家になりたいと思ったら読む本 未来に何ができるのか、いまなぜ必要なのか

社会起業家になりたいと思ったら読む本 未来に何ができるのか、いまなぜ必要なのか [単行本(ソフトカバー)] デービッド・ボーンステイン (著), スーザン・デイヴィス (著), 井上 英之 (監修), 有賀裕子 (編集), 井上英之 監訳 (編集), 有賀 裕子 (翻訳) グラミン銀行の創設メンバーと、社会起業専門の世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年、中国の真実 (WAC BUNKO) [新書]

2012年、中国の真実 (WAC BUNKO) [新書] 宮崎正弘 (著) いよいよ中国バブルの大崩壊が始まった! ガラ空きの工場団地、幽霊屋敷のようなショッピング街、住民がいない団地。GDP成長率はマイナス10%、インフレ率は16%?! 中国経済はバブルそのものであり、そのGDPの根幹を支えてきた不動産価格のバブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人がタブーにする中国経済の真実 [単行本(ソフトカバー)]

中国人がタブーにする中国経済の真実 [単行本(ソフトカバー)] 石平/著 福島香織/著 危ないのは新幹線だけじゃない。夜逃げする経営者たち、自殺増加と人命軽視、崩落するビル。制御不能の大国とどう付き合うべきか。誰も言わなかった中国の泣きどころを様々な角度から暴く。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰も知らない暴力団の経営学―組織の実態、カネを生む仕組み、その生態までを明かす (日文新書)

誰も知らない暴力団の経営学―組織の実態、カネを生む仕組み、その生態までを明かす (日文新書) [単行本] 北芝 健 (著) カネ、組織、人材…。ワルたちの驚くべき法則とは。元・刑事が、ミカジメ料や違法薬物の密売、フロント企業の実態から、新興企業を侵食するヤクザマネーまで、驚愕の最新情報を解き明かす。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「通貨」で読み解く世界同時恐慌 (2時間で未来がわかる!) [新書]

「通貨」で読み解く世界同時恐慌 (2時間で未来がわかる!) [新書] 榊原英資 (著) ドルの没落とユーロの危機、 イタリア・ギリシャの破綻、 そして円高ドル安……。 「ドル」の時代が終わり、「元」の時代が始まるのか? 「世界同時不況」を予見した「ミスター円」が、 日本の将来を先読みする! -----…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界金融危機 彼らは「次」をどう読んでいるか? (双葉新書) [新書]

世界金融危機 彼らは「次」をどう読んでいるか? (双葉新書) [新書] 宮崎 正弘 (著) ユーロ凋落、ドルの暴落、そして円は…。混迷の色を増す世界経済の未来を、世界一の投機家ジョージ・ソロス、世界一の投資家ウォーレン・バフェット、中国投資のカリスマであるジム・ロジャーズの言動から読み解く。 ・・☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~ [単行本(ソフトカバー)]

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~ [単行本(ソフトカバー)] ジェームス・スキナー/著 ◆テレビ、新聞、雑誌などのメディアで超話題の ジェームス・スキナー待望の最新刊! アメリカ国務省、世界最大級コンサルティング会社の日本社長、 2000億円を運用するヘッジ・ファンドの会長、 日経CNBC『夜エク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナ・リスク爆発前夜 [単行本]

チャイナ・リスク爆発前夜 [単行本] 黄 文雄 (著) 中国の経済的発展は目覚しく、国際社会においてますます存在感を増している一方、北朝鮮との関係、人権問題など、国内に抱えるリスクも山積み。そんな中国が抱える火種を大検証した、中国理解の必読書。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる [単行本]

アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる [単行本] 日高義樹 (著) アメリカ経済はオバマ大統領の登場以来、完全にクレジットに依存しており、平たく言えば借金生活である。そのうえ実体経済がよくなったという証拠がないから、景気は必ず悪くなる。クレジットにもとづく景気は必ずツケが回ってくるのである。アメリカの景気はもう一段悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マネジメントの日米逆転が始まる [単行本]

マネジメントの日米逆転が始まる [単行本] 増田 悦佐 (著) 「西欧文明の血を引くアメリカのビジネスの開拓者たちにとって、工場というのはほんの一握りのエリートだけが考え、大衆はエリートの命令どおりに作業をするだけの場所だった。今、アメリカの大手企業経営陣を形成している一流企業のMBAを優秀な成績で卒業した連中は、少しは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんとうはすごい!日本の産業力 [単行本(ソフトカバー)]

ほんとうはすごい!日本の産業力 [単行本(ソフトカバー)] 伊藤 洋一 (著) 政権の混乱、アメリカの格付け会社による国債の格下げ、円高による利益圧迫。一見して何もいいことがなさそうな日本経済である。だが、日本が他の国家破綻を懸念されているPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)とはまったく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄に落ちる世界経済 [単行本]

地獄に落ちる世界経済 [単行本] 松藤 民輔 (著) ついに米国債格下げという未曾有の事態。ヨーロッパでは、いよいよギリシャが胸突き八丁になり、それがEU全体に悪影響をおよぼすことが確実視されている。片や、世界の工場・中国では、新幹線事故などを始め、その経済・政治の不安定性が世界に晒されてしまった。本書では、このような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか [単行本]

終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか [単行本] 水野 和夫 (著) 9.11、9.15、そして3.11――前例のない危機の連鎖は一体なにを意味しているのか。近代の終焉とグローバル資本帝国の興亡を一体として捉え、21世紀という未曽有の時代を鮮やかに読み解く! ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本と世界を揺り動かす物凄いこと [単行本(ソフトカバー)]

日本と世界を揺り動かす物凄いこと [単行本(ソフトカバー)] 増田 悦佐 米国債破綻、ユーロ消滅、中国バブル崩壊。生き残るのは、日本だ!政府・官僚・大手メディアに騙されてはいけない。著名な経済アナリストである著者が説く、震災後の世界で日本が劇的に復活するこれだけの理由。第一章 逆境が日本を強くする!第二章 「地球温暖化」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more