テーマ:政治

官僚を国民のために働かせる法 (光文社新書) [新書]

官僚を国民のために働かせる法 (光文社新書) [新書] 古賀茂明 (著) なぜ私は1年9ヶ月もの間「干され」続けたのか。退職の真相から野田政権の本質分析まで渾身の語り下ろし!官僚よ、省益ばかり優先したり、天下りポストの確保に奔走しないで、今こそ「公僕意識」を取り戻せ!――霞が関を去った改革派官僚の旗手が満を持して立言する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアが出さない世界経済ほんとうの話 [単行本]

メディアが出さない世界経済ほんとうの話 [単行本] 田中 宇 (著) メディアが偏向しているのは、当たり前だと考えなければいけない。ならば、現代の経済や国際情勢をどう理解したらよいのか。著者独自の歴史論も展開しつつ、激動する世界を多角的に洞察する。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルトダウンする世界経済―闇の支配者と「金融大戦争」のカラクリ [単行本]

メルトダウンする世界経済―闇の支配者と「金融大戦争」のカラクリ [単行本] ベンジャミン フルフォード (著), Benjamin Fulford (原著) 東日本大震災後、日本の政治・経済は相変わらず混迷を極めている。日本を支配する「点と線」の全貌とは。闇の支配者の真意とは。極秘情報をもとに徹底検証。著者が突き止めた、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図解「闇の支配者」頂上決戦 [単行本]

図解「闇の支配者」頂上決戦 [単行本] ベンジャミン・フルフォード (著) 東日本大震災、原発事故、ドル暴落、ユーロ危機、中東革命……。 激変する日本社会・世界情勢の裏側で、いま「闇の支配者」たちの頂上決戦がはじまった! 世界を水面下で操る「闇の支配者」をわかりやすく図解するシリーズ第2弾! 今回は原発利権や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナ・リスク爆発前夜 [単行本]

チャイナ・リスク爆発前夜 [単行本] 黄 文雄 (著) 中国の経済的発展は目覚しく、国際社会においてますます存在感を増している一方、北朝鮮との関係、人権問題など、国内に抱えるリスクも山積み。そんな中国が抱える火種を大検証した、中国理解の必読書。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽りの金融クラッシュ&独裁政権ドミノ崩壊 支配者たちの超シナリオ (超☆わくわく) [単行本]

偽りの金融クラッシュ&独裁政権ドミノ崩壊 支配者たちの超シナリオ (超☆わくわく) [単行本] 高島康司 (著), 船井幸雄 (監修) 世界はいま、超劇的な地政学的配置転換の真っ最中! ハイパーインフレ懸念の日本の立ち位置をつかむための必須情報 ◎ 日本の自衛隊はすでに実戦モードに突入している! ◎ ウィキリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らぬは日本人ばかり [9・11テロ完全解析] 10年目の「超」真実

知らぬは日本人ばかり [9・11テロ完全解析] 10年目の「超」真実 世界の常識ではアルカイダは関係なし! (超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)] 菊川 征司 (著) [正義:アメリカ]VS[悪:アルカイダ、ビン・ラディン]の図式に洗脳されたままなのは、今や日本人だけ。 テロに見せかけた高層ビル突入計画は、モサド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御巣鷹の謎を追う (宝島SUGOI文庫) [文庫]

御巣鷹の謎を追う (宝島SUGOI文庫) [文庫] 米田 憲司 (著) 520人の命を奪った日航123便墜落事故…。20年にわたる取材で明らかになる真実。垂直尾翼の突然の損壊・消失という前代未聞の原因。墜落現場が特定できず救出を遅らせた自衛隊。米軍の救助が寸前で中止された事実。相模湾から尾翼の破片をすべて回収することなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の食糧が危ない (岩波新書) [新書]

日本の食糧が危ない (岩波新書) [新書] 中村 靖彦 (著) 日本経済の見通しが不透明な中で、中国を始めとする新興国の需要増等で穀物価格が高騰し、食料不足が目前に迫っている。輸入大国日本はこのままでいいのか? 農政の目玉政策といわれる「戸別所得補償制度」や自給率向上のための飼料用コメの開発を検証しながら、TPPへの対処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官僚の責任 (PHP新書) [新書]

官僚の責任 (PHP新書) [新書] 古賀 茂明 (著) 辞職を迫られた改革派官僚“覚悟の証言” 「霞が関は人材の墓場」――著者はそう切り捨てる。最高学府の卒業生、志を抱いて入省したはずの優秀な人間たちが集う日本最高の頭脳集団。しかし彼らの行動規範は、「国のため」ではなく「省のため」。利権拡大と身分保障にうつつを抜かし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3・11人工地震テロ&金融サイバー戦争 二人だけが知っている超アンダーグランドのしくみ

3・11人工地震テロ&金融サイバー戦争 二人だけが知っている超アンダーグランドのしくみ だまし討ちに気づかない日本人へ!これ以上毟られるのがいやならこれだけは知っておけ! (超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)] ベンジャミン・フルフォード (著), 飛鳥 昭雄 (著), 船井 幸雄[序文・解説・推薦] (監修) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本中枢の崩壊 [単行本]

日本中枢の崩壊 [単行本] 古賀 茂明 (著) 経産省の現役幹部が実名で告発!! 「日本の裏支配者が誰か教えよう」 福島原発メルトダウンは必然だった…… 政府閉鎖すら起こる2013年の悪夢とは!? 家族の生命を守るため、全日本人必読の書 経済産業省大臣官房付 古賀茂明。 民主党政権と霞ヶ関がもっとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPは国を滅ぼす (宝島社新書) [新書]

TPPは国を滅ぼす (宝島社新書) [新書] 小倉 正行 (著) 菅首相が“平成の開国”と位置づけ、日本にとってメリット満載のように言われている「TPP」(環太平洋戦略的経済連携協定)。しかし、その実態は日本を破滅に導く悪魔の協定である。民主党がTPPに執着する真相、TPPに参加した場合の日本への影響などを、農政の専門家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0 [単行本]

勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0 [単行本] チュニジア、エジプトのアラブ各地から始まった中東・市民動乱は、NATO軍によるリビアへの攻撃により、いよいよ地中海、中東地域をまたぐ世界大戦の様相を見せてきた。 これらすべては、「闇の支配者」により仕組まれた世界最終戦争 World War V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イルミナティだけが知っている【洗脳工学篇】 闇の支配者「絶対構造」の超からくり (超☆はらはら) [

イルミナティだけが知っている【洗脳工学篇】 闇の支配者「絶対構造」の超からくり (超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)] ベンジャミン・フルフォード (著) ダークサイドの大分裂……〈最高機密文書MJ12〉で全部わかった! イルミナティの最高の目標は、神との直接のつながりを断った三大宗教のサタン殲滅―イルミナティの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力事業に正義はあるか―六ヶ所核燃料サイクルの真実 [単行本]

原子力事業に正義はあるか―六ヶ所核燃料サイクルの真実 [単行本] 秋元 健治 (著) 青森県六ケ所村での小川原開発から、使用済み核燃料再処理工場、低レベル放射性廃棄物処分場、MOX燃料加工工場の誘致と反対をめぐる争いと、その受け容れまでの歴史を詳述。核施設のある地域で参考となる必読本。 ・・☆*☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イルミナティだけが知っている【金融工学篇】 闇の支配者「絶対構造」の超からくり (超☆はらはら)

イルミナティだけが知っている【金融工学篇】 闇の支配者「絶対構造」の超からくり (超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)] ベンジャミン・フルフォード (著) イルミナティの極秘文書から明らかになる、イルミナティと闇の支配者暗闘の2500年秘史。逆転裏返しのニューワールドオーダー超絶真実とは。金融洗脳のからくりを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書) [単行本]

新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書) [単行本] 桜井 淳 (著) 福島の危険性は、本書が指摘していた! 1995年刊行の旧版に、2011年の福島原発事故に関する詳細な考察を加え、新版として緊急出版する。過去の事故を総ざらいして、原発の危険性と問題点を明確に指摘する。 ・・☆*☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢 [単行本]

ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢 [単行本] 宮崎 正弘 (著) 米外交文書25万件を暴露し続ける「ウィキリークス」。歴史始まって以来の最大の機密漏洩事件として米外交に甚大な損害をもたらし、ヒラリー以下国務省幹部は世界各国に謝罪行脚で飛び回る。中国共産党幹部5千人がスイスに秘密口座を持ち、日本は「肥った負け犬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改訂版 これから起こる原発事故~原発問題の専門家から警告 (別冊宝島) (別冊宝島1469)

改訂版 これから起こる原発事故~原発問題の専門家から警告 (別冊宝島) (別冊宝島1469) [大型本] 日本の原発は阪神大震災クラスの地震に耐えられない! シミュレーションが明らかにする原発事故の恐怖 ─東海二号炉で大事故が起こると、東京都民の半数がガン死に! ─浜岡原発崩壊で、30万人が急性障害死、なんと二千五百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 [単行本]

原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 [単行本] 新潟日報社 特別取材班 (著) 二〇〇七年七月十六日、中越沖地震によって東京電力柏崎刈羽原発で動いていた原子炉がすべて止まった。設計時の想定を大幅に上回る激しい揺れに襲われ、広範囲な被害やトラブルが続発。「安全神話」が大きく揺らいだ。世界最大の原発集積地で起きた非常事態は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない [単行本]

動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない [単行本] 小林 圭二 (著), 原子力資料情報室 (編集) 「もんじゅ」再開に先立ち、原子力資料情報室が開催した公開研究会での2回の講演録をまとめた。「もんじゅ」への関心と同時に、日本の高速増殖炉開発やこれをめぐる政策への関心を高める一助となる書。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破綻したプルトニウム利用―政策転換への提言 [単行本]

破綻したプルトニウム利用―政策転換への提言 [単行本] 原子力資料情報室/編著 原水禁/編著 内容: 核燃料サイクルとはなにか / 伴英幸著 動けない六ケ所再処理工場 / 澤井正子著 高速増殖炉に未来なし / 伴英幸著 プルサーマルがもたらす無用の危険 / 上澤千尋著 誰もが損する核燃料サイクル / 西尾漠著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大地震が原発を襲う―チェルノブイリ事故も地震で起こった [単行本]

巨大地震が原発を襲う―チェルノブイリ事故も地震で起こった [単行本] 船瀬俊介/著 もし、大量放射能汚染が起きてしまったら…。チェルノブイリ事故から柏崎刈羽原発事故まで、地震と原発の詳細情報を網羅。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆ 公衆衛生ネットワーク 健康と医学のメーリングリスト 公衆衛生ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゴミは「負の遺産」―最終処分場のゆくえ〈3〉 (最終処分場のゆくえ (3)) [単行本]

原発ゴミは「負の遺産」―最終処分場のゆくえ〈3〉 (最終処分場のゆくえ (3)) [単行本] 西尾 漠 (著), 末田 一秀 (著) 内容: 封じ込めできない放射能 / 末田一秀著 最終処分場を誘致しようとした自治体 / 末田一秀著 長崎県の高レベル誘致計画と現状 / 坂本浩著 研究所が最終処分場への懸念広がる /…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇の権力 フリーメイソンの大分裂 [単行本]

闇の権力 フリーメイソンの大分裂 [単行本] 中丸 薫 (著) 「アイルランドの巨石文明から古代エジプトへと伝わった金星の聖性」「十字軍は本当はユダヤ教徒だった」「アメリカはフリーメイソンが作った国だった」など、人類5000年の歴史を越えて、いま明かされる驚愕の世界史! いま私たちが生きているこの星は、2012年12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のマスゴミ ジャーナリズムの挫折と目覚め (扶桑社新書) [新書]

中国のマスゴミ ジャーナリズムの挫折と目覚め (扶桑社新書) [新書] 福島香織/著 ★情報統制下における記者たちの姿。 ネットという武器を手にした中国にジャーナリズムの萌芽はあるか? 新聞、テレビが党の宣伝機関と位置づけられる中国のマスコミは、 いわゆるジャーナリズムとはほど遠い体質だ。 取材対象へのたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全貌ウィキリークス [単行本(ソフトカバー)]

全貌ウィキリークス [単行本(ソフトカバー)] マルセル・ローゼンバッハ (著), ホルガー・シュタルク (著), 赤坂 桃子 (翻訳), 猪股 和夫 (翻訳), 福原 美穂子 (翻訳) 正義のジャーナリズムか? 史上最悪の情報テロか? アサンジの報道パートナーとして活動した 独『シュピーゲル』トップ記者によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人はなぜ地球に来たのか [単行本]

宇宙人はなぜ地球に来たのか [単行本] 韮澤 潤一郎 (著) ここ数年、イギリス、カナダ、フランス、デンマークなど、各国がUFOに関する秘密文書を公開し始めている。なぜこれまでUFOの存在が隠ぺいされなければならなかったのかを追求する、世界初のUFOと宇宙人に関する歴史書。 ・・☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル [単行本(ソフトカバー)]

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル [単行本(ソフトカバー)] ジェリー・E・スミス (著), ベンジャミン・フルフォード (監修, 翻訳) 阪神大震災も、ハリケーン・カトリーナもやはり軍事攻撃だったのか!? 最先端の軍事技術は、大国の指導者たちに、秘密戦争を遂行するためのさまざまな手段を提供している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more