テーマ:政治

日本を支配する「鉄の五角形」の正体 [単行本]

日本を支配する「鉄の五角形」の正体 [単行本] ベンジャミン・フルフォード (著) 日本を吸い尽くす“政・官・業・ヤクザ・アメリカ”の正体を暴く!バブル崩壊から小泉構造改革、そして民主党政権誕生にいたる20年間、日本国民の「富」はきれいさっぱり収奪された。「闇の支配者」であるアメリカは、政治家や官僚を飼いならし、脅迫して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇の支配者たちが仕掛けたドル崩壊の真実 [単行本(ソフトカバー)]

闇の支配者たちが仕掛けたドル崩壊の真実 [単行本(ソフトカバー)] ベンジャミン・フルフォード (著) ユーロ崩壊、誘導された円高。その先に待ち受けるシナリオとは。アメリカや中国の表と裏にスポットを当ててきた著者が、崩壊の進むアメリカの現状とともに、ヨーロッパで渦巻く闇の支配者たちの計画をあらわにする。 ・・☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インテリジェンス 闇の戦争――イギリス情報部が見た「世界の謀略」

インテリジェンス 闇の戦争――イギリス情報部が見た「世界の謀略」 ゴードン・トーマス (著), 玉置 悟 (翻訳) 世紀の大事件に関与した情報局員たちの真実世界18ヵ国で翻訳された名著! 原爆製造から同時多発テロまで、歴史的事件の裏に隠された「闇の戦争」をひも解き、世界情勢の本当の姿をあぶり出す ・・☆*☆*☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イルミナティ最高機密文書 [単行本]

イルミナティ最高機密文書 [単行本] ベンジャミン・フルフォード (著) 闇の権力者として世界を支配している西洋の錬金術師たちは、日本に何を望んでいるのだろうか。それは日本の魂の錬金術師たちと同盟を組むことである。彼らと組んで、世界制覇をなしとげたいという野望があるのだ。その野望は実現の方向に向かっており、そうした野望は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する [単行本]

「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する [単行本] ヘンリー・メイコウ (著), ベンジャミン・フルフォード (監修, 翻訳) 内容紹介 闇の支配者は、あなたのSEXを狙っている! ―ベンジャミン・フルフォード― 「フェミニズム」は、女性のための運動というのは単なる名目で、男性と女性の両方を中性化して、社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本経済を殲滅せよ [単行本]

日本経済を殲滅せよ [単行本] エドワード ミラー (著), Edward S. Miller (原著), 金子 宣子 (翻訳) パールハーバーの5カ月前、ローズヴェルトは「大統領令8832号」にサインした。その時点で、日本の在米金融資産は無価値となり、世界から経済的に孤立し、日本は実質的に「破産」する。やがて日本は、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米中逆転 なぜ世界は多極化するのか? (角川oneテーマ21) [新書]

米中逆転 なぜ世界は多極化するのか? (角川oneテーマ21) [新書] 田中 宇 (著) 民主党政権は、普天間基地問題、地方分権政策などを通じて、米中逆転の新状況に対応していた。力衰えるアメリカと成長する中国。米中逆転と多極化の流れに向かう世界政治を詳述し、日本政治の新傾向を説く。 ★新型インフルエンザ対策マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狙われた日華の金塊~ドル崩壊という罠~ (単行本)

狙われた日華の金塊~ドル崩壊という罠~ (単行本) 原田武夫 (著) 内容紹介 巨額債務を抱えるアメリカはついに国際通貨ドルの放棄と計画破綻を画策する。 なぜアメリカは自らデフォルト(国家破綻)するのか。「ドル後」の世界が向かう先は。 元外務省キャリア官僚が世界中から集めたインテリジェンスを積み重ねることによって、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) (新書)

あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) (新書) 川上 徹也 (著) すぐれた演説・スピーチには、人の心を揺さぶり、歴史を動かし、世界を変える力がある。 小泉純一郎の郵政解散演説、オバマの民主党大会史上最高の演説、 ブッシュが九〇%超の支持率を得た九・一一演説……。 こうした名演説には、必ずといっていいほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社+α新書) (新書)

日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社+α新書) (新書) 浅川 芳裕 (著) 食糧危機と農家弱者論は農水省によるでっち上げ。年生産額8兆円はアメリカに次ぐ先進国第2位。日本はすでに「農業大国」だ。食料自給率の真実や日本農業の実力を明らかにし、さらなる発展のための方向性を示す。 ★新型インフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国元がドルと世界を飲み込む日 (単行本(ソフトカバー))

中国元がドルと世界を飲み込む日 (単行本(ソフトカバー)) ベンジャミン・フルフォード (著) 世界金融危機からいち早く脱し、覇権国家への道をひた走る中国。金の大量購入、暗躍する華僑ネットワークと黒社会、膨張し続ける軍事予算…。そうした動きの裏にはどんな思惑があるのか?そして日本のとるべき針路とは?青い目のニッポン人が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステルス・ウォー 日本の闇を浸食する5つの戦争 (単行本)

ステルス・ウォー 日本の闇を浸食する5つの戦争 (単行本) ベンジャミン・フルフォード (著) 日本とアメリカで、「9.11」で始まった「ストーリー」が、なぜか、「9.16」で終わっていたのだ。いったい、この「暗号」は、何を意味するのか?IMFに奪われた10兆円の謎!?中川昭一元財務相を殺した「闇の支配者」が日本の富を収…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界金融危機と闇の権力者たち (単行本(ソフトカバー))

世界金融危機と闇の権力者たち (単行本(ソフトカバー)) 中丸 薫 (著) 経済危機は闇の権力にとっても想定外だった! アメリカの次は中国が狙われる! そして、闇の権力は金融危機やオバマ新政権とどうかかわっているか----。 第1弾『"闇"の世界権力構造と人類の針路』刊行から12年。「オバマが命を狙われた二つの事件」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧困の正体 (単行本)

貧困の正体 (単行本) トーマス・ラインズ (著), 渡辺景子 (翻訳) 世界銀行やIMFが推進したグローバルな政策が、実際には貧しい人たちをさらなる貧困へと追いやった。その実体を明らかにし、現代の貧困を地上からなくすために、いまなされるべき農業や貿易政策を提言する。 ★新型インフルエンザ対策マニュアル&グッズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇の世界金融の超不都合な真実

闇の世界金融の超不都合な真実 菊川 征司 (著) 地球は今、金融システムを通して、世界と人類を一極支配しようとする超富豪勢力によって、破滅の瀬戸際にある。彼らはマネーの集中とそのパワーによる支配しか頭にないので、地球の全環境・全生命が悲鳴を上げているのだ。戦争も為替も株も石油もすべて彼らが裏で仕切っている。 ★新型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新世界秩序(人間牧場)にNO!と言おう―金融王たちの最終目標 (5次元文庫) (文庫)

新世界秩序(人間牧場)にNO!と言おう―金融王たちの最終目標 (5次元文庫) (文庫) ゲイリー アレン (著), Gary Allen (原著), 菊川 征司 (翻訳) 豚は太らせて喰え―意図的な金融崩壊の裏で着々と進行する国際金融資本家たちの積年の夢の実態!それは新世界秩序という名の通貨・資源・食糧の独占による人類の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザをばら撒く人々―金融寡頭権力の罠 (5次元文庫) (文庫)

インフルエンザをばら撒く人々―金融寡頭権力の罠 (5次元文庫) (文庫) 菊川 征司 (著) 新型インフルエンザは、世界で感染者5億人、5000万人が死んだあのスペイン風邪のウイルスを人工的に改良した「生物兵器」であることが判明!さらに強力な、高致死率のインフルエンザも完成済み!散布されるときは近い…。 ★新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドル亡き後の世界 (単行本)

ドル亡き後の世界 (単行本) 副島 隆彦 (著) FRB(米連邦準備制度理事会)の「景気回復宣言」は大本営発表だ。アメリカは2010年末に恐慌に突入し、2012年の「どん底」に向かう。米ドルは今の80円台から60円、50円、40円と下落してゆく――。 数々の金融・経済予測を的中させてきた副島隆彦の最新刊。ドルが世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが闇の権力イルミナティの内部告発だ! (単行本)

これが闇の権力イルミナティの内部告発だ! (単行本) ベンジャミン フルフォード (著), Benjamin Fulford (原著) 世界初、イルミナティ現役幹部、独占単独会見。「天使と悪魔」は現実のものなのか。世界最高のタブーに迫る。フリーメイソンおよびイルミナティの秘密に関して告白した衝撃の1冊。 ★新型イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密結社の1ドル札 (単行本)

秘密結社の1ドル札 (単行本) デイヴィッド オーヴァソン (著), David Ovason (原著), 松田 和也 (翻訳) 世界経済を主導する1ドル札には、なぜ古代エジプトのピラミッドや、フリーメイソンの象徴「万物を見通す目(摂理の眼)」が描かれているのだろうか?紙幣に刻印されたシンボルや文字を仔細に分析すれば、数…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビヨンド・コンスピラシー陰謀を超えて 最終段階に突入した「300人委員会」世界支配計画 (単行本)

ビヨンド・コンスピラシー陰謀を超えて 最終段階に突入した「300人委員会」世界支配計画 (単行本) ジョン・コールマン (著), 太田 龍 (監修, 翻訳) 内容紹介 闘うコールマン博士、命を賭しての告発! 人間に共通する性質の一つが「支配欲」だということは、歴史の中で繰り返し明らかになっている。どのような社会体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超みえみえ テロ&戦争詐欺師たちのマッチポンプ なぜ世界は黙ってこれを見過ごすのか (5次元文庫)

超みえみえ テロ&戦争詐欺師たちのマッチポンプ なぜ世界は黙ってこれを見過ごすのか (5次元文庫) (文庫) きくちゆみ (著), 童子丸開 (著) 『戦争中毒』というアメリカの漫画は日本でもベストセラーになったが、本書はその意志をついでさらなる国際金融資本家たちのスクラップ&ビルドで儲ける仕組み・策謀を奥深いデータによ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

君主の統治について―謹んでキプロス王に捧げる (単行本)

君主の統治について―謹んでキプロス王に捧げる (単行本) トマス アクィナス (著), Thomas Aquinas (原著), 柴田 平三郎 (翻訳) 大著『神学大全』で知られる盛期スコラ学の代表的神学者トマス・アクィナスの政治思想論文"De Regno Ad Regem Cypri"の全訳。あるべき君主像、統治の形態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書) (新書)

日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書) (新書) 小林 よしのり (編集) 本当は誰もが政治家に期待している。いまこそ国会議員には働いてもらわねばならない。だが彼らの多くは「国家の名誉と安全を守ってほしい」という国民の最低限の願いすら打ち破く。それならば「売国奴」「国賊」という激烈な言葉で政治家を襲撃しようではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇の支配者“最終戦争”

闇の支配者“最終戦争” ベンジャミン・フルフォード (著) ■5775年の闇の支配が終焉を迎える 世界は闇の支配者によって統治され続けた。 彼らは人間を家畜化し、奴隷とさせることによって支配を続けてきた。 彼らは今、再び第三次世界大戦を起こして世界人口を減らそうとしている。 しかし、彼らの目的は終焉を迎えつつある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪破産 Osaka Bankrupts (光文社ペーパーバックス) (単行本)

大阪破産 Osaka Bankrupts (光文社ペーパーバックス) (単行本) 吉富 有治 (著) その日はいつか? 日本初の大都市の崩壊  腐敗 corruption と放漫財政 lax finance で税金を湯水のように使ってきた大阪市は、このままいけば2009年には「財政再建団体」 organization…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売国者たちの末路 (単行本)

売国者たちの末路 (単行本) 副島 隆彦 (著), 植草 一秀 (著) リーマン・ショックを的中させた副島隆彦氏と植草一秀氏の対面が実現。国民を不幸にする国家権力に対して「共闘宣言」を叩きつける。 植草氏は1990年代、日本を代表するエコノミストとして華々しく活躍していた。しかし2001年4月の小泉純一郎政権誕生後、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資本主義崩壊の首謀者たち (集英社新書 489A) (新書)

資本主義崩壊の首謀者たち (集英社新書 489A) (新書) 広瀬 隆 (著) 誰が何を仕組んできたのか!? ソ連共産主義崩壊から20年、今度はアメリカ資本主義が瓦解! 欲望を全開にし、一握りの人間達が世界中の富を貪る!そんなシステムを容認してきた結果、世界経済は破綻した… 一九八九年にベルリンの壁が崩壊して、ソ連の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食の安全―政治が操るアメリカの食卓 (単行本)

食の安全―政治が操るアメリカの食卓 (単行本) マリオン ネッスル (著), Marion Nestle (原著), 久保田 裕子 (翻訳), 広瀬 珠子 (翻訳) 私たちが日々口にしている食品。その安全性はいったい誰が、どのように守っているのだろうか?グローバル化の発信地アメリカでは、食の安全は政治圧力や業界団体の資金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカはどれほどひどい国か (Voice select) (新書)

アメリカはどれほどひどい国か (Voice select) (新書) 日下 公人 高山 正之 (著) 勝海舟から米国の話を聞いた横井小南は「尭舜の国」と形容し、内村鑑三は米国人を「気高く、純粋で正義に満ちた」と賛美した。 しかしその一方で、日本人は国家の悪意も見逃さなかった。 スウェーデンの植物学者ツュンベリは、奴隷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more