アクセスカウンタ

<<  2015年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


健康に長生きしたけりゃゼラチンを食べなさい

2015/01/27 19:52
健康に長生きしたけりゃゼラチンを食べなさい



渡辺雄二 (著)
『買ってはいけない』の著者 科学ジャーナリスト渡辺雄二の話題の新刊!
著者の嬉しい体験から生まれた本です!
膝の痛みを無くそうとゼラチンを食べはじめて10年、すばらしい効果が――。
血管を丈夫にする。軟骨・骨をしっかりさせる。肌がしっとりすべすべに。
ガンに次いで日本人の死因の第2位は血管障害です!
ゼラチンを食べることで血管の弾力性を保てれば、血管の障害の予防にも効果が。
「肌がカサカサして痒い」「膝や腰が痛い」などで悩んでいる人は少なくないと思います。とくに歳を重ねるとともに、体の代謝が悪くなるので、こうした症状が現れやすくなります。そんな人には、「ゼラチンを食べて下さい」と言いたいと思います。
なぜなら、皮膚、あるいは膝や腰の軟骨を形成しているのは、たんぱく質の一種のコラーゲンであり、ゼラチンを食べることによって、体内でコラーゲンが作られやすくなり、皮膚や軟骨がよい状態になるからです。
――プロローグより
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


発達障害の人が長く働き続けるためにできること (健康ライブラリー) 単行本

2015/01/27 19:49
発達障害の人が長く働き続けるためにできること (健康ライブラリー) 単行本



五十嵐 良雄 (監修)

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリースペシャル》

【自分の特性を知り働き続けるコツ】

職場での度重なるミスやトラブル……
どうしてうまくいかないのか?
職場の人間関係に悩んで発達障害に気づいた人や、
うつ病などの心の病で休職中に発達障害と診断された人へ--
自分の特性を理解し、会社を辞めずに仕事を続けていく方法を徹底解説。

《専門外来や就職支援プログラムを活用して3ステップで自分に合った働き方を身につける》
STEP1 発達障害を知る
STEP2 自分の特性を知る
STEP3 対策を身につける

【本書の構成】
《1 能力はあるのに、うまく働けない人たち》
発達障害と仕事
診断例

《2 苦しむうちに、発達障害外来にたどりつく》
受診先の探し方
診察の流れ
診断・治療

《3 仕事を続けるため、復職支援プログラムに参加》
なぜ支援を受けるのか
活動
個別面談

《4 働き方を見直し、自分なりのアレンジをする》
なぜ仕事を見直すのか
見直し
復職の流れ

《5 仲間や家族の支えを得て、復職する》
なぜ支えが必要なのか
仲間とのやりとり
家族とのやりとり
職場でのやりとり
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


認知症を防ぐ「思い出し」トレーニング 単行本

2015/01/27 19:35
認知症を防ぐ「思い出し」トレーニング 単行本



河野 和彦 (監修)
大相撲初の外国出身力士「○○山」、1972年、日本初の冬季オリンピック開催都市……すぐに思い出せますか?
本書は認知症治療の第一人者・河野和彦医師のご指導をもとに、若い頃のことを思い出し、脳を活性化する600問を収録したトレーニング本です。
楽しく気楽に取り組めば、認知症の予防効果は高まります。「脳の総合力」を判定するカラーテスト、認知症の医学的解説、全国コウノメソッド実践医リストも掲載。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


携書 話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100 (携書135)

2015/01/23 19:24
携書 話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100 (携書135)




晴山陽一/著
クリストファー・ベルトン/著
「英語を使いたい」ならば必ず知っておきたい200の表現を、100文に凝縮した例文集。ビジネスパーソンの1日をストーリー形式で学ぶ。音声がダウンロードできるURL付き。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


がん研有明病院の抗がん剤・放射線治療に向きあう食事

2015/01/23 19:22
がん研有明病院の抗がん剤・放射線治療に向きあう食事



比企直樹 (著), 伊沢 由紀子 (監修), 小口 正彦 (監修), 小倉 真理子 (監修)
がんで抗がん剤や放射線治療を受けている方は、味覚障害や飲み込み困難、におい過敏などの食にまつわる副作用に苦しむことが多く見受けられます。食べたいのに体が受け付けない、そんな方に「これなら食べられる」料理を症状ごとに紹介します。料理を症状別に色分けしているので、自分に合ったレシピがひと目でわかります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やりなおし高校国語:教科書で論理力・読解力を鍛える (ちくま新書)

2015/01/23 19:17
やりなおし高校国語:教科書で論理力・読解力を鍛える (ちくま新書)




出口 汪 (著)
国語は面白い!人生の役に立つ!当代一の人気講師が森鴎外、夏目漱石、丸山眞男、小林秀雄などの教科書定番作品を読み解く白熱の講義がここに開講。読解力はもちろん、論理力、思考力などを鍛え、明治、大正、昭和の名作から近代日本の本質を描き出す。国語教科書は、大人こそが読むべきだ。追憶の彼方で埃をかぶった名作が息を吹き返す、その瞬間を体験しよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


図解 やさしくわかるうつ病からの職場復帰―復職を成功させるポイント 単行本

2015/01/23 19:10
図解 やさしくわかるうつ病からの職場復帰―復職を成功させるポイント 単行本



山本 晴義 (監修)
■適切なステップを踏めば「いきいき働く自分」に戻れる
仕事のストレスからうつ病を患い、休職する人があとを絶ちません。
「こんなに休んでしまって、以前のように働けるのだろうか…」と、
不安を抱く人もいるかと思います。しかし、きちんとステップを踏
めば、今まで通りの生活に戻ることは不可能ではありません。
本書では、復職を成功させるポイントをわかりやすく解説しました。

■ご本人、ご家族、職場の方を支える一冊
職場復帰を成功させるために、本人はもちろん、サポートする側の
家族や職場の方々に向けて、うつ病の基礎知識から、治療期の過ご
し方、職場に復帰するまでの流れ、会社側のサポート方法にいたる
まで、図やイラスト、ケーススタディのマンガを交えながらわかり
やすく解説しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


軽症うつがみるみる晴れる100のコツ 決定版 (100のコツシリーズ)

2015/01/13 21:43
軽症うつがみるみる晴れる100のコツ 決定版 (100のコツシリーズ)



主婦の友社/編
症状が軽い段階のうつについて、3大症状と言われる睡眠障害、倦怠感、食欲不振などを中心に、症状・療法・日常生活の対応策、治療薬など、最新の基本知識と、3大症状を改善・軽減・解消する様々な方法を紹介。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うつ病・躁うつ病で「休職」「復職」した人の気持ちがわかる本 (こころライブラリーイラスト版) 単行本

2015/01/13 21:39
うつ病・躁うつ病で「休職」「復職」した人の気持ちがわかる本 (こころライブラリーイラスト版) 単行本(ソフトカバー)



五十嵐 良雄 (監修)
不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる
《講談社 こころライブラリーイラスト版》

【つらいのはあなただけじゃない。】
休職中の不安や絶望、
治療への不信、復帰直後の焦り……
職場復帰に成功した人たちの
発症から休職、復職にいたるまでの
こころの変化を図解します。

病気になってもまた働ける!
うつ病や躁うつ病による休職から復帰して、
数年以上元気に働き続けている人が大勢います。
本書にはその「先輩」たちの声を多数、収録しました。
落ち込み、悔しがり、自分を責めているのは、あなただけではありません。
治療の道は人それぞれ。まわり道や足踏みをする時期もあります。
つらくて消えてしまいたいとき、この本を開き、ながめてみてください。

【本書のおもな内容】
第1章 心の病気がわかったときの驚きと悔しさ
ケース例Aさん 直言居士でストレス耐性は強いと思っていたが
【最初の気づき】 仕事に疲れ、ネクタイをしめるのもつらくなった/ 生活はしているが、自分が壊れかけている感覚
【受診】 うつ病なんて自分には無関係な病気だと思っていた
【診断】 すぐには納得できず、診断書を誰にもみせられなかった

第2章 休職中は暗闇のなかで自分を責めつづけていた
ケース例Bさん 心身ともに限界をむかえ、やむなく休職を決断
【休職】 バリバリ働く同僚と自分を比べ、情けなくなった/ 病気を挫折だと感じ、自分のすべてを否定していた

第3章 少しよくなってもすぐ再発し、心が折れた
ケース例Cさん 再発をくり返し、「休職制度の悪用だ」と叱責された
【復職】 【再発】

第4章 家族や患者仲間から希望と勇気をもらった
ケース例Dさん デイケアや患者仲間を、最初は小馬鹿にしていた
【療養の見直し】 【デイケアに参加】 【回復の実感】

第5章 プライドを捨て、ありのままの自分で復職した
ケース例Eさん 数年がたち、病気のことを知らない同僚も増えてきた
【自己理解】 【準備して復職】 【治療から数年たって】
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心の病が職場を潰す (新潮新書 588) 単行本

2015/01/13 21:37
心の病が職場を潰す (新潮新書 588) 単行本



岩波 明 (著)
どうして、ここまで仕事の場が疲弊させられているのか! 正しい医学的知識を紹介しながら、精神科医療の現場から見える、発病、休職、復職、解雇などの実態を豊富な症例を通して報告。これは、企業人に必須の教養である。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


精神医学を視る「方法」 単行本

2015/01/13 21:28
精神医学を視る「方法」 単行本



村井俊哉/著
脳科学の全盛、薬物療法の広がり、EBMの普及、DSM‐5の登場、精神科医療への毀誉褒貶―精神医学の現代的論点を一貫した方法で見通す。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うつにならない、負けない生き方 (日本屈指の名医が教える「健康に生きる」シリーズ) 単行本(ソフトカ

2015/01/10 16:51
うつにならない、負けない生き方 (日本屈指の名医が教える「健康に生きる」シリーズ) 単行本(ソフトカバー)



山田和夫 (著)
各分野の専門医が、病気にならない方法、病気になった時の対処、病気と向き合って生きる方法をわかりやすく解説するシリーズ。本書では、「人はなぜ「うつ」になるのか」など、うつ病について解説。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2015年1月のブログ記事  >> 

トップへ

切明義孝のおすすめ書店 2015年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる